*

血管の老化防止する薬味とは!?動脈硬化によい大葉レシピ”青じそプリン”の作り方とは【ジョブチューン】

公開日: : 健康, 料理・レシピ

2018年6月30日に放送された『ジョブチューン』は医者も認めた体に良い薬味スペシャルでした

年齢とともに硬くなっていく血管を若く保ってくれる薬味とは

また動脈硬化に効果がある料理のレシピも紹介

 

スポンサーリンク

 

体にいい薬味SPの他記事もよろしければ↓

肥満防止に効果ありの薬味とは?オススメレシピ紹介

心筋梗塞を予防!?血液サラサラにしてくれるワサビ料理の作り方

血糖値を抑える薬味とは!?糖尿病予防になる簡単料理の作り方

ひざ痛を軽減してくれる薬味とオススメ料理レシピ

骨を丈夫にする薬味とは!?骨粗しょう症予防簡単レシピ

 

血管年齢

血管は 血液を体の隅々にまで運ぶ大切な役割りをもっています

 

若くて健康な血管は

ゴムのような弾力性があります

 

しかしコレステロールなど脂肪成分が

生活習慣や加齢などで血管内部に蓄積されることで

弾力が失われ硬い血管に・・・

 

これが血管の老化

いわゆる動脈硬化となるのです

 

血管が硬くなってしまうと

コレステロールや脂肪成分が内部にたまり

それが塊となってしまったとき

血液が流れにくくなり

酷い場合は血管が破裂するという危険も

 

外気と室温の差が激しいと

急激に血液が流れたりするため

血管が破れ心筋梗塞や脳梗塞の危険が高まります

 

40代以上は注意

特に動脈硬化による血管の破裂は

40代以上にリスクが高まります

 

日頃から食生活に注意が必要ということですね

 

 

血管年齢を若く保っていくために

役に立つ薬味

 

それは

 

青じそ

生産量が日本一という愛知県の生産農家の方で検証

ほぼ毎日シソを食べているという16人の血管年齢を計ってみたところ

 

52歳の男性の血管年齢は 32歳

49歳の男性の血管年齢は 24歳

と驚く結果も

 

16人中14人が実年齢より

血管年齢が若いという結果に!

 

なぜ効果があるのか

青じそは緑黄色野菜の中でも

トップクラスの栄養素を含む野菜です

 

食物繊維は第4位

ビタミンB2 は第3位

ビタミンKは第2位

βカロテンは第1位

(生の場合の順位です)

 

この中のβカロテン

これこそ血管老化を防ぐ栄養素なんだとか

 

βカロテンは体に取り入れられ

小腸でビタミンAに変わります

そして動脈硬化の原因となる悪玉菌のもととなる活性酸素を退治!

 

 

青じその食べ方

血管年齢が若かった生産農家の方々は

どのように青じそを食べているのでしょうか

 

生産農家の食卓メニュー

・青じその天ぷら

・青じそのおにぎり

青じそ(大葉)と梅干しを刻んでまぜたものです

・青じそのプリン

などなど

 

βカロテンは熱に強く加熱しても壊れにくいので

加熱料理もOKな青じそ

料理の幅も広がりますね

また油と一緒に摂取することで

βカロテンの吸収率もアップするんですって!

 

血管老化レシピ

専門家がイチオシする

血管の老化を防いでくれる農家飯の作り方です

 

青じそのチヂミ

農家ではネギの代わりに大葉(青じそ)を入れるんだそう

チヂミも通常はニラを使用するのですが

青じそを入れて作るんだとか

 

材料(1枚分)

青じそ 30枚

チヂミ粉 100g

卵 1個

サラダオイル 大さじ2

ごま油 大さじ2

チヂミのタレ

 

水で溶いたチヂミ粉に

青じそを千切りにして入れます

ごま油をしいたフライパンで

焼き色がつくまで焼くだけ!

 

とっても簡単ですね~

 

青じそプリン

少し抵抗がある青じそプリン

しかし、以外や以外 美味しいんだそうです

しその感じもあまりしないのだそうで

男性も美味しく食べられるデザート

 

材料(10個分)

青じそ 10枚

水 340cc

牛乳 400cc

上白糖 40g

粉ゼラチン 15g

はちみつ 55cc

生クリーム 50cc

グラニュー糖 5g

 

ソースを作るため青じそと水をミキサーへ!

 

牛乳に砂糖を加え火にかけます

沸騰する前に火を止め

ゼラチン・青じそソースを加えて、よく混ぜてから

プリン容器に入れ冷蔵庫で2時間程冷やします

 

ボウルか小鍋に、お湯・ハチミツ・ゼラチンを入れ混ぜ合わせ

氷水で冷やしながらあら熱を取ります

 

先ほど冷蔵庫で冷やして固めた青じそプリンの上に流し入れ

再度、冷蔵庫で冷やして固めます

 

トッピングで生クリーム・ハチミツ入り青じそソースをかけたら完成です

 

他にもある青じそ効果

青じそにはポリフェノールの一種である

ロスマリン酸というものが含まれています

これは食後の血糖値上昇を抑えてくれる働きがあると言われているので

脂質の蓄積予防・・・いわゆる肥満防止にもなるんだとか

 

ですのでご飯が食べたい場合

青じそを混ぜた物を食べると血糖値を抑えてくれるのでは

ということでした

 

青じその保存方法

長持ちしない青じそですが

生産農家の方がオススメの保存方法を教えて下さってました

 

ビニール袋の中に

さっと洗った青じそを水気を切り 入れます

 

湿度を保った状態にします

その際、袋の口を縛ったりせず

折り曲げる程度にとどめ密封はしないようにしましょう

 

これで1~2週間保存可能なのだとか

 

まとめ

青じそ、美味しいですよね~

栄養素は加熱したら壊れてしまうイメージですが

血管にいいβカロテンは熱でも壊れないっていうのは凄いです

 

なかなか血管年齢を気にすることはないですが

覚えておいて損はない

そんな情報でした!

 

スポンサーリンク

 

「ジョブチューン」他記事↓

ご利益アップ!お寺の正しい参拝方法とは

一流ピザ職人がジャッジ!ピザーラで食べるべきピザは何!?

きな粉で便秘解消!?悪い便秘チェック方法



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

クリームシチューとロールキャベツを美味しくする簡単格上げワザと作り方とは?オニオンコンソメスープ・中濃ソースがポイント【ソレダメ】

2018年11月28日に放送された『ソレダメ!』で紹介されていた、クリームシチューとロールキャベツを

記事を読む

低糖質代用レシピ!超簡単きな粉唐揚げ・糖質0麺のカルボナーラ・おからのポテトサラダの作り方とは?簡単ロカボダイエット【ズバッと聞きます】

2018年11月7日に放送された『梅沢富美男のズバッと聞きます!』で、ゆりやんレトリィバァが挑戦して

記事を読む

ホットバナナの作り方!5時バナナで太りにくくダイエット効果や免疫力アップのフルーツ【教えてもらう前と後】

簡単ホットバナナジュースの作り方!5時バナナでダイエット効果や免疫力アップのフルーツ【教えてもらう前と後】

2020年3月3日に放送された『教えてもらう前と後』で免疫力がアップするフルーツ"バナナ”の

記事を読む

芸人山田BODYの健康寿命10年のびる”ながらストレッチ”のやり方!しかも痩せる?【初耳学】

2020年3月15日に放送された『林先生の初耳学』で、お笑い芸人でカリスマトレーナーの山田B

記事を読む

白髪になってしまう理由と白髪改善運動のやり方とは?白髪は抜くと増えるはウソ?【教えてもらう前と後】

2018年11月13日に放送された『教えて貰う前と後』では白髪を改善する運動を紹介していました

記事を読む

激ウマ肉汁いっぱい食べれば小籠包!あさり”ほっぽり焼きそばおいしい貝”超簡単な時短レシピを平野レミが有吉に伝授【ダレトク】

2018年12月4日に放送された『有吉弘行のダレトク!?』で料理研究家の平野レミさんが超簡単な小籠包

記事を読む

お風呂で疲労回復!家のお風呂・スーパー銭湯・温泉などでの入浴方法とは【ソレダメ】

2018年1月24日に放送された『ソレダメ』では疲労回復する入浴方法を紹介 家庭でのお風呂・温

記事を読む

世界一のフレンチトースト・ねぎベーゼソース・レバームースの簡単な作り方とは!?ホテルオークラの元料理長が家庭で作れるレシピを紹介【世界一受けたい授業】

2018年9月1日に放送された『世界一受けたい授業』で元ホテルオークラの料理長が家で作れるワンランク

記事を読む

血管の健康に良いお茶は何!?緑茶を正しく淹れてエピガロカテキンガレートを多く飲む方法とは?【今でしょ講座】

2018年10月23日に放送された『林修の今でしょ!講座』は健康長寿がよくとるお茶パワースペシャルで

記事を読む

【ぱぱっとグルメ】ギャル曽根が作る時短料理!豆腐のお好み焼き・茶碗蒸し・鮭のグラタンの作り方とは?10分で3品作れるのか【THE夜会】

2018年9月27日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』で大食いのギャル曽根さんが有村架純さんをアシ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑