きになるメモブログ

絶対痩せるぞダイエット記録や気になることのメモ

その他

お弁当のポテトサラダは食中毒の危険が!?納豆を食べていると食中毒にならない!?【世界一受けたい授業】

投稿日:

2018年6月9日に放送された『世界一受けたい授業』では食中毒の危険が高い”お弁当のおかず”を紹介してました

暑い時期は特に注意が必要な細菌

細菌が増えやすい”お弁当のおかず”は何なのでしょう

また細菌増殖予防の方法とは

 

スポンサーリンク

 

こちらもよろしければ↓

新型骨粗しょう症の予防法とは

死ぬまで元気に歩くための超簡単スクワットのやり方

健康に効果的!甘酒の種類別による効果の違い

 

食中毒注意

暑い時期になると要注意なのがお弁当

 

細菌が1gあたりに100万個を超えてしまうと

食中毒になってしまう可能性が高くなるとのことですが

おかずの細菌はどうなのでしょう

 

番組で実験して、お弁当の定番おかずの細菌を調べてました

 

実験方法はお弁当を30℃で保存し

8時間後におかずの細菌をチェックします

 

お弁当定番おかずで食中毒の原因となる細菌が増えやすい

定番おかずは何なのでしょうか

 

 

結果は

 

唐揚げ

細菌数は10個!12時間後の細菌数も20個とかなり低い結果です

 

肉じゃが

細菌数は9600個 根菜水は菌が増殖しやすい上、肉じゃがは水分が多いのも細菌が増える理由です

お弁当など煮入れる際は、水分を切って入れましょう

 

作った物を保存するときも水分はなくした方が良さそうですよね~

 

ハンバーグ

細菌数は1万4000個

かなり高くなりますね~

湿度・温度・条件によっては食中毒注意となる細菌が一気に増える危険もあるそうです

理由はひき肉を使用しているため内部まで細菌が入り込む可能性があるためです

 

人気のおかずのハンバーグを

お弁当の中から追い出すのはツライ・・・

 

そんな時は一手間

ハンバーグの種1個分に対して小さじ1杯の酢を入れます

そうすることで酢酸の抗菌作用で菌が増殖しにくくなります

酢なしのハンバーグが1万4000個の細菌があったのに対して

酢入りのものは390個と減少!

酢の量も少量なので味にも影響はありません

 

ポテトサラダ

細菌数は1700万個と食中毒の危険の細菌数を大幅に超えた結果に

もともとジャガイモは水分が多く腐りやすい食物

さらにキュウリなどの生野菜が入る上

調理工程が多いので腐食しやすいのだそう

 

ポテトサラダも好きな人が多いので

お弁当に入っていると嬉しい”おかず”ですよね

 

ではどうするのか

 

菌をおさえるために

ポテトサラダにカレー粉をプラス

カレー粉に入っているターメリックには

防腐効果の有るクルクミンという成分が含まれています

 

カレー粉を入れることで菌の増殖を抑えると共に

美味しさもアップできちゃうワザですね

 

 

体質改善に納豆!?

食中毒になりにくい体にするためには納豆を食べると良いのだそう

 

食中毒といえばO-157 ですが

O-157と納豆菌を混ぜた物で実験したところ

4日後にはO-157が消滅したのだとか

 

納豆菌は食中毒細菌や悪玉菌を撃退してくれ

さらに乳酸菌やビフィズス菌を増やしてく

腸内環境を改善してくれるのだそう

 

納豆菌を食べ続けることで

食中毒になりにくい体になることが期待できるんですって!

 

 

食中毒の危険を回避するための麦茶とまな板の細菌を減らす方法も紹介されてました↓

細菌が増えやすい麦茶とまな板の対処方法

 

まとめ

お弁当・・・怖い

夏になると保冷バックに保冷剤と共にお弁当を入れますが

さらに一手間をかけることで安心アップですね

 

納豆かぁ~

苦手なんですよね・・・

納豆無理なんで、細菌を極力減らす方向でいきます

 

スポンサーリンク

 

「世界一受けたい授業」他記事↓

超簡単な外カリ中ジューシー唐揚げと10分で作れるエビチリレシピ

音楽で脳をトレーニング!だいすけお兄さんが紹介

太る原因"デブ菌"を撃退する酢キャベツの作り方

-その他

Copyright© きになるメモブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.