きになるメモブログ

絶対痩せるぞダイエット記録や気になることのメモ

40歳からのダイエット

【ダイエット】効果的に筋トレが出来るのは夕方!無理な場合は?【40代で痩せる】

投稿日:

【ダイエット】効果的に筋トレが出来るのは夕方!無理な場合は?【40代で痩せる】

ダイエットのために筋トレをするのであれば、一番効果的にやりたいと思いますよね

筋トレはどの時間帯にするのが正解なのかを知っていると、筋トレ日のスケジュールもつけやすいですし、ダラダラすることなく筋トレに向かいやすくもなります

 

でも忙しくて、どうしても一番効果のある時間帯に筋トレが出来ない場合もあるかと思います

そんな時はどうすればいいのでしょうか

日によっては、まとまった時間がとれない場合は筋トレを分けてするのは良くないのか

など筋トレに最適な"時間帯"についてメモっておきます

 

  • 筋トレの効果が高い時間帯は
  • 夕方に筋トレが出来ない場合どうする?
  • まとまった時間がとれない時

 

スポンサーリンク

 

筋トレの効果が高い時間帯は

効果的にトレーニング出来る時に筋トレをして、ダイエット効果を高めたいものです

そもそも筋トレに適した時間帯なんてあるんでしょうか

 

筋トレは夕方しよう

ずばり

筋トレに一番最適な時間帯は夕方です

 

夕方は1日活動してますので、体も動きやすく温まっている時間帯
いわゆるウォーミングアップされている状態なわけです

 

筋肉も動かしやすく、効果的に筋トレが出来る!

夕食前の夕方から寝る3時間前ぐらい

これが筋トレに一番適した時間帯となります

 

夕方の次に良いのはいつ?

夕方は忙しくて筋トレ無理

ジムでマシンを使いたいけど夕方には行けない

 

などなど夕方に時間がとれない場合もあるかと思います

夕方の次に筋トレに適した時間帯は昼

 

ただ昼食を食べてすぐは良くないので、昼食1~2時間後ぐらいにしましょう

 

朝と夜がダメな理由

朝がダメな理由は、まだ体が起ききっていないから

どうしても朝したい場合は、昼近い午前中を選んだ方ベスト

 

夜、寝る前に筋トレをしてしまうと体が活性化してしまいます

体が活性化すると、脳も活性化してしまい入眠しずらくなる可能性が

 

アドレナリンがでちゃって興奮状態になりやすいというわけです

なので少なくとも寝る3時間前までには筋トレが終わっている方が、睡眠を妨害せず良いですね

 

夕方に筋トレが出来ない場合どうする?

筋トレは夕方にした方が効果的だから、基本は夕方にするようにします

でも、いつもは夕方できるのに、その日はどうしても夕方に時間がとれない

日によっては、夕方に時間がとれないこともあると思います

そんな時はどうすればいいのでしょうか

 

出来る時にやる

その日、筋トレが出来る時にやる

これが一番かと思います

 

夕方出来ないから、やらない

これでは"0"ゼロです

 

夕方の筋トレの効果が100%だったら、朝は50%かもしれない

でも"0"よりまマシです

 

少しでも筋肉量をつける選択を!

 

日にちをずらす

「どうしても、夕方にしたい」

「明日なら夕方に時間がとれるから、明日に筋トレをしよう」

日にちをずらすという選択は、あまりオススメしません

 

というのも1週間のルーティーンを崩すのは継続に亀裂を入れやすいからです

 

1回日にちをずらすと、決意が緩くなり

2回、3回と日にちをずらしやすくなります

 

もし、どうしてもその日に筋トレが無理なのであれば仕方ないので日にちをずらします

ただ以下の点は必ず守るようにしましょう

 

  • ずらすのは翌日
  • 次の週には元のルーティーンに戻す

 

筋トレを長続きさせるためには習慣化することが一番です

決められた曜日にするなど、固定してしまった方が、怠け癖対策にもなるのは1年弱筋トレを続けている私が実証済み

 

私が今日まで、ちゃんと筋トレを続けられたのは、この固定化が効果的であったと実感してます

この日は必ず筋トレをする、と決めてしまうことで何が何でも筋トレをしないとダイエットが水の泡と言い聞かせ、自分を筋トレに向かわせる

 

結局は自分の意思なのですが、意思の弱い私には習慣化することで逃れにくく無理矢理しているという感じです

 

一度、その習慣を崩してしまうと、ずるずると崩れてしまい途中でやめてしまう原因になりかねません

仕方なく筋トレ日をずらしてしまっても、すぐに元のサイクルに戻すことで継続中断を回避してしまいましょう

 

 

筋トレのまとまった時間がとれない時

40才からのダイエット筋トレのまとまった時間がとれない

社会人や主婦ともなると、1時間弱でさえも確保することが無理な日というモノがありますよね

その無理な日に筋トレ日が重なってしまった場合は、どうすればいいのでしょうか

 

習慣はなるべく崩したくない

無理なら次の日に実践でもいいのですが、先に書いたとおり習慣は極力崩したくはないです

絶対、元のサイクルに戻せるという核心があれば、それでもかまいません

 

部位ごとに分割で筋トレ

空いた時間に、腹筋をとりあえずやってしまう

次に時間が出来たら腕立て伏せをする

というふうに、部位ごとに分けて筋トレができればOKです

 

例えば腹筋だけでしたら1分間腹筋を3セット

腹筋だけのトータル筋トレ時間は約5分程度です

 

それくらいなら確保出来そうではないですか?

 

次に空いた時間に背中の筋肉をトレーニング

次に空いた時間にお尻の筋肉をトレーニングと小分けにすることで、トレーニングがぎゅっとしやすくなるかと思います

 

部位ごとにする意味

部位ごとになぜするかというと、筋肉は追い込んだときに強化されるからです

腹筋1セットやって、時間が経過してから2セット目をやる

 

これでは、せっかくの筋トレの効果が半減してしまいます

なるべく筋肉の部位ごとで筋トレにはする方が効果的です

 

まとめ

筋トレに限らず全て100%をこなそうと思うと、精神的にも追い込まれて継続が辛くなります

夕方で気ないなら出来る時間に効果が半減でもやる
0よりマシです

 

少し緩く、でも習慣づけだけは必ず

と緩めるところと引き締めるところだけ押さえておきましょう

 

スポンサーリンク

-40歳からのダイエット

Copyright© きになるメモブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.