きになるメモブログ

絶対痩せるぞダイエット記録や気になることのメモ

未分類

手土産で失敗しない和菓子とは何!?抹茶の練り菓子・こだわりの餡”川口屋”若鮎と水ようかん!大口屋の「餡麩三喜羅」の取り寄せ方法とは【ニッポンドリル】

更新日:

2018年8月29日に放送された『林修のニッポンドリル』は和菓子スペシャルでした。

手土産でコレを持って行けば間違いなしという、極上の和菓子

林先生があまり紹介したくないけど1位だと推薦する和菓子とは

 

スポンサーリンク

 

こちらもよろしければ↓

山口名物の外郎(ういろう)取り寄せ方法は?

全国のウマイあんまんベスト4!取り寄せ方法は

【アイス総選挙2018】人気アイス1位から10位は何?

 

銀座かずや

2002年に創業という比較的新しい和菓子屋さん

こちらの練り菓子は絶妙な食感が特徴で

大手航空会社から過去ファーストクラスのデザートで出したいと

オファーもあったのだとか

(断ったらしいです)

 

日比谷線「日比谷駅」A4出口から

JRのガード下を進んだ場所にある雑居ビルの中にあります

 

看板が出ていないので見つけにくいのですが

 

中に入るとお店の暖簾が!

お店は1坪と狭い

 

完売必至 幻の和菓子

それは

 

かずやの煉(れん) 抹茶

1箱6個入り 2150円

予約だけで完売してしまうそうです

 

かずやの煉は銀座店でのみ購入可能ですが

他の和菓子はホームページ内のショッピングサイトで

取り寄せ可能です

https://www.ginzakazuya.com/

 

 

大口屋

愛知県の和菓子屋さんです

創業は文政元年(1818年)

 

看板商品であるオススメ和菓子は

 

餡麩三喜羅(あんぷさんきら)

1個141円

1日3万個を完売するんだという饅頭

 

生麩ともち米を混ぜ合わせた皮が特徴で

手で引っ張ると伸びる!

 

山帰来(さんきらい)というユリ科の葉っぱを塩漬けしたもので

包まれています

餡には丹波産の大納言小豆に蜜を混ぜ合わせた物を使用

 

オンラインショップから取り寄せ可能です

http://ooguchiya.co.jp/shopping/

 

川口屋

名古屋の繁華街 錦にある

林修が愛するという和菓子屋さんで

どれも 美味しいのだそう

 

創業は元禄年間

およそ350年続いている老舗です

 

番組で紹介されていた和菓子

それは

 

若鮎

1個 320円

通常の若鮎は水飴を混ぜた白いあんを使用するのですが

川口屋の若鮎は餡に道明寺餡を使用

 

もち米の水分が皮に吸収されることで

独特のしっとり感を保つんだとか

 

季節のお菓子なので

8月までの限定商品です

 

水ようかん

1本 1750円

 

寒天と餡を混ぜ

冷ました状態で濾していきます

網目の細かいこし器を使用するので

なめらかな食感になるんだそう

 

さらに泡をヘラで徹底的に取り除いているという

職人のこだわりが感じられる一品です

 

店舗情報

住所 愛知県名古屋市中区西区3-13-12

電話 052-971-3389

 

まとめ

麩まんじゅう、少し苦手なんですが

テレビを見てると美味しそうでした!

食べてみたいですね~

取り寄せ出来るのは嬉しいです

 

練り菓子も食べたいですが

予約は1ヶ月前から必要なようです

 

スポンサーリンク

 

手土産にオススメ和菓子↓

マスカット丸ごとの和菓子・新食感あんわらびなど絶品和菓子とは

-未分類

Copyright© きになるメモブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.