きになるメモブログ

絶対痩せるぞダイエット記録や気になることのメモ

未分類

母親の学力が高いと子供は頭が良くなる?父親の帰宅時間が遅い・専業主婦の母・本を沢山読んでいるほど頭が良くなる【初耳学】

投稿日:

2018年11月18日に放送された『林先生が驚く初耳学』で文部科学省が発表したという子どもの学力について紹介されていました

子供の学力はまわりの環境や親で決まるという、その内容とは

 

スポンサーリンク

 

こちらもよろしければ↓

育て方で子供の脳が萎縮するかも!?マルトリートメントとは

受験生をもつ親がやってはいけない7箇条とは

東大に合格させた勉強術とは

 

母親の学力と子供の学力

文部科学省の調査報告データに基づいたものだそうで

どういったことかというと

 

母親の学歴で子供の学力が決まる

 

ということだそうで

 

どういうことかというと

 

 

頭の良さは母親から

アメリカの研究でわかった衝撃的な事実で

頭の良さは母親からしか遺伝しないのだとか

 

子供の脳に

父親の遺伝子が蓄積される部分は

大脳辺縁系という部分

 

大脳辺録系は気分や本能をつかさどり

攻撃性などを制御します

 

一方母親の遺伝子が蓄積されるのが

大脳皮質

 

大脳皮質は記憶・思考・音声・知覚など

認識機能をつかさどる部分です

 

知性に関わる遺伝子は

母親から子供に伝わったときのみ機能するのだそう

 

 

父親の帰宅時間

文科省が発表したデータで

父親は深夜帰宅した方が

子供の学力が高いとのこと

 

父親が16時~18時に帰宅した子供の場合

回答の正解率が

国語は65%程度

算数は35%程度

 

これに比べ

 

父親が22時以降に帰宅する家庭の子供は

回答の正解率が

国語は約80%

算数は約45%

と正解率が高くなります

 

父親の帰宅時間と学力は

帰宅が遅くなるほど比例して高く

というグラフでした

 

母親は専業主婦

父親の時と比べ

母親が仕事から帰宅する時間と

子供の学力の関係は

帰宅時間が遅くなるにつれ低くなる結果に

 

仕事をせず専業出をしている方が

学力が一番高く

遅くなるにつれ下降するという

グラフになっていました

 

調査方法

このデータの抽出方法は

全国学力・学習状況の調査を受けた

小6と中3 12万人から抽出したアンケートで得られた

データを基にしています

 

収入の違い

帰宅時間が遅い父親は

高学歴で高収入という方の可能性が高く

忙しく働いている場合が多いのだそうで

教育費がひねり出せるからだとのこと

 

教育費にいくら払えるかで学力が変わるのでしょうか

 

本を読む!

親の学歴が低いと

収入が多くないと

子供の学力を諦めなくてはならないのか?

 

そうではないようですよ!

文科省のデーターによれば

 

学歴が高くない親

収入が少ない親でも

子供が日常生活で本や新聞に親しみ

規則正しい生活を送っている家庭の子供は

好成績の傾向が非常に顕著なんだそうです

 

本の冊数によるデータ

文部科学省データ(中3数学)によれば

本の冊数が0~10冊の場合

正解率は55%

 

本の冊数が501冊以上の場合

正解率は75.7%と

 

その差に20.7%のひらき!!

 

まとめ

子供の学力には親が大いに影響するってことですよね~

うわぁ~責任重大じゃないですか!

学歴低いと子供も・・・

 

母親が働くのも子供の学力に影響がとか言われると

働いている母親は少しツライなぁ

なんて思いましたが

本を読む量や規則正しい生活なら

なんとかなりそうで安心しました

 

よく覚えておこう・・・

 

スポンサーリンク

 

「初耳学」他記事↓

幼児教育に英語を習わせるべき?

大学選びの参考になるランキングとは

睡眠のゴールデンタイムは嘘?美肌の為の睡眠とは

-未分類

Copyright© きになるメモブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.