きになるメモブログ

絶対痩せるぞダイエット記録や気になることのメモ

その他

美しいイギリスの湖畔地方と内容がビターなピーターラビット

更新日:

美しいイギリスの湖畔地方と内容がビターなピーターラビット

ピーターラビットは有名なので、絵柄などを目にする機会も多いはず

でも、どんなストーリーなのか舞台はイギリスとは知っていてもイギリスのドコなのか……

気になったので調べた内容をメモしておきます

 

  • ピーターラビットの誕生
  • 物語の舞台はイギリスの湖水地方
  • かわいいのにビターな内容

 

スポンサーリンク

ピーターラビットの誕生

作者はロンドン生まれのヘレン・ビアトリクス・ポター

ポターが「ピーターラビットのおはなし」

《原題はThe Tale of Peter Rabbit》

を執筆するきっかけとなったのが、5歳の少年に送るために書いた絵手紙でした

1901年に自費出版

1902年にカラーの絵付きで刊行された

「ピーターラビットのおはなし」

は2年で5万部を超えるベストセラーに!

 

作者が飼っていたうさぎがモデル

「ピーターラビットのおはなし」の主人公である”ピーター”が

作者ポターが飼っていたうさぎがモデルだというのは有名です

 

てっきり初めて飼ったうさぎがモデルなのかと思いきや

実は初代を亡くした後に飼ったうさぎ”ピーター”がモデルだったとは……

初代の立場は、と思わなくもないですが2代目うさぎの”ピーター”が作者の琴線に触れたのでしょうね

 

ちなみに最初に飼ったうさぎの名前は

”ベンジャミン・バウンサー”

で購入先はペットショップです

 

物語の舞台はイギリスの湖水地方

物語の舞台はイギリスの湖水地方

ピーターラビットの物語の舞台は

イギリス(England)北西部ウェストモーランド・カンバーランド郡・ランカシャー地方にまたがる湖水地方

イングランドで最も美しい景色が続くと言われている場所です

 

上の写真は16の湖と500以上の池があると言われる

湖水地方で「湖水地方の貞応」と讃えられている

”ダーウェン湖”

 

ポターの家がある村

作者の家があるのはカンブリア州のエスウェイト湖畔にある村

ここで作者は半生を過ごしています

 

石造りの家と庭園には畑……

ピーターラビットの物語に出てくる風景そのまま

湖と美しい自然と、味のある村に心引かれますね!

是非行ってみたくなります

 

ちなみに初めてビアトリクス・ポターが湖水地方に訪れたのが1882年

ポター家が滞在したのがウィンダミア近郊の”レイキャッスル”でした

 

 

かわいいのにビターな内容

さてさて、ピーターラビットと言えば

ブルーの服を着たかわいいウサギの話ですよね

 

ピーターの兄弟は3匹で

4匹兄弟とピーターのおかあさんと暮らしています

 

あれ?お父さんは???

そういえば、ピーターのお父さんは見たことがありません

調べている時に気付きました……

 

たどり着いた結果は

それではご紹介しましょう!ピーターのお父さんです!!!

ピーターのお父さん

 

なんとも切ない……

物語の始まりも

お母さんの「絶対にマクレガーさんの畑に行ってはいけない」という言いつけを破るピーターというところから始まります

 

お父さんの悲しい過去があるマクレガーさんの畑……

反対されるのも当然!!!

 

上の絵が、ピーターの登場人物に書かれていますがブラック過ぎる……

さすがイギリスって感じです

 

なんでも出版当社は人がピーターの父親を食べるシーンも入っていたらしいですが、カットされたようですね


 

まとめ

ピーターラビットの物語には、決して「カワイイ」「平和」だけではない自然の厳しさや弱肉強食の場面も多く登場します

猫がネズミを捕って食べたり、逆にネズミに襲われたり……

美しいイングランドの風景を舞台に、良いことだけではないネガティブな面も織り交ぜていることが、長く「ピーターラビットのおはなし」が愛され続けられる理由なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

-その他

Copyright© きになるメモブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.