*

クラッシックは楽しい!?バッハ・モーツァルト・ベートーヴェン・ショパンの特長とは【関ジャム】

公開日: : TV・メディア

2018年2月25日に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』は「きっと好きになる!音楽食わず嫌い~クラシック編~

敬遠されがちなクラッシックを楽しむ方法とバッハ・モーツァルト・ベートーヴェン・ショパンの音楽の特徴とは

 

スポンサーリンク

 

こちらもよろしければ↓

音楽で脳をトレーニング!だいすけお兄さんが紹介

本当は怖い童謡の背景とは

昭和と平成のアニソンの魅力を芸人が紹介!

 

クラッシックとは

クラッシックミュージックとは

 

再現の音楽

なのだそう

 

昔の昔

何百年も前はCDなどなく

音源を残しておくことは不可能です

 

クラッシックは

忠実に本来の音・弾き方を再現しなくてはならない

そんな音楽なのです

 

たとえば 音楽の父と言われるバッハの曲ですが

感情を込めて

ここは弱く表現しよう

ここは強くダイナミックに!

 

音楽に幅をもたせて奏でたいところですが

これは NG!

 

なぜなら

バッハの時代に合った楽器は

音の強弱が付けられなかったらなんです

 

バッハ

ヨハン・ゼバスティアン・バッハは

1685年3月31日に誕生し

18世紀に活躍した音楽家です

 

17世紀初頭から18世紀半ばの

ヨーロッパにおける音楽は

”バロック音楽”と総して呼ばれていますね

 

今ではピアノなどで奏でられることの多い

バッハの曲ですが

当時は”チェンバロ”と呼ばれる

一見、グランドピアノのような形ですが

弦をピアノのように叩くのでは無く

はじいて音を出す楽器で奏でられていました

 

ですので強弱をつけることができないのです

 

再現の忠実性

クラッシック音楽を演奏する時に

奏者は どれくらい

その曲を忠実に再現出来るのか

というのが重要になるのだそうです

 

クラッシックを奏でる時は時代背景も考慮し

その当時の楽器のクセなども合わせて

どこまで近づけられるか!がカギとなるのだとか

 

その再現率を見ながら

聞くと楽しめそうですね~

 

 

誰のための曲

音楽室に肖像画が飾られている

有名

バッハ

ドイツの作曲家

1685年~1750年

 

その頃の日本は

徳川綱吉による生類憐れみの令(1685年)頃

 

代表曲

・G線上のアリア

https://www.youtube.com/watch?v=thQWqRDZj7E

・トッカータとフーガ

https://www.youtube.com/watch?v=1S4f0lgcUng

 

先にも書きました「音楽の父」と呼ばれていましたが

バッハは神の為の音楽を作っていました

 

音楽は教会などで奏でられていた時代

 

ですので曲調が神秘的なものが多いのだそうです

 

清塚さんの解説

低音の音の長さがバッハの音楽の特徴です

1音を短く切るのでは無く

弦楽器では品の良い長さに音を伸ばすことで

神秘性の表現をしているのです

 

モーツァルト

オーストリアの作曲家

1756年~1791年

 

その頃日本は

杉田玄白による解体新書が発行されたころ(1774年)

 

代表曲

・アイネ・クライネ・ナハトムジーク

https://www.youtube.com/watch?v=akTEMzBXYbc

・トルコ行進曲

https://www.youtube.com/watch?v=87rXpAULC2M

 

天才!神童と言われていたモーツァルトは

貴族の為の音楽を作っていました

 

当時の貴族は

音楽家を雇うのがステータス!

 

そんな時代に人気だったモーツァルトの曲は

貴族受けの良い

華やかでアップテンポな曲が多いのが特徴です

そしてヒットメーカーでもありました

 

ベートーヴェン

ドイツの作曲家

1770年~1827年

 

その頃日本では

天明の大飢饉(1782年)

 

代表曲

・運命

https://www.youtube.com/watch?v=PTr1v1ksWkQ

・交響曲第9番

https://www.youtube.com/watch?v=iU5av55T2Yk

 

ベートーヴェンの時代以前には

音楽には多くの決まり事がありました

ベートーヴェンは、そんな既存のお約束を

壊し音楽を進化させた天才です

 

モーツァルトの時代と十数年ほどしか変わらないのに

激変した音楽!

それには大きな理由がありました

 

それは

 

1789年に怒ったフランス革命です

 

このフランス革命により

王政支配が終了し

国民が自由を勝ち取ることに

 

ベートーヴェンの曲の特徴は

何でもあり

 

音楽は神の為でも

貴族・王族の為でもなく

民衆の為に作られるようになっていったのだそうです

 

そしてベートーヴェンは

交響曲に初めて合唱を入れた音楽家でもあるのだそうです

 

ショパン

ポーランドの作曲家

1810年~1849年

 

その頃日本では

大塩平八郎の乱(1837年)

また、ショパンが没した4年後に

ペリーが黒船にのって日本へ・・・

 

代表曲

・ノクターン

https://www.youtube.com/watch?v=c5VvCViFI60

・別れの曲

https://www.youtube.com/watch?v=0gM4dWVc0fM

 

ベートーヴェンの時代から

コンサートというものが開かれるようになったのだそうですが

ショパンの時代には

その特徴が顕著で

自分で演奏するアーティスト色が出てきます

芸能人の先駆けなのだとか・・・

 

そんな時代に誕生したショパンは

自分を表現するため

自分を有名にする為に曲を作っていたそうです

 

ショパンの曲の特徴はロマンティックなものが多く

ショパンが活躍した年代の音楽は

ロマン派と呼ばれています

 

当時は音楽家が音楽を使い

自由に自分を表現していたようですね

 

まとめ

クラシック、良いですよね

今回の放送を見て、解説がわかりやすく

もっとクラシックが好きになりました

 

音楽の歴史の流れもしれて良かったです

 

スポンサーリンク

 

「関ジャム」他記事↓

 

良い映画には良い音楽が必需品!映画音楽の秘密!

シン・ゴジラなど邦画の映画音楽裏話

2017年の隠れた名曲は?音楽Pが選ぶベスト10とは



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

アニソン愛を芸人とジャニーズが紹介!ユーリ、けものフレンズからルパンの3Dオープニングまで【アメトーク】

2017年10月8日(日曜日)にテレビ朝日系で放送された「日曜もアメトーーク! 2時間半SP」で放送

記事を読む

無理ないトレーニングたった5分でウエストが5cm細くなる!?ハリウッドでも人気のゼロトレのやり方と結果は【初耳学】

2018年7月8日に放送された『初耳学』では呼吸法で痩せる”ゼロトレ”を紹介してました たった

記事を読む

【サバ缶】サバ缶「味わい鯖」を使った肌に良い中華風スープの簡単レシピ!美白や血行促進にいいサバ缶料理とは【マツコの知らない世界】

2017年12月5日の『マツコの知らない世界』は”サバ缶の世界 お魚缶詰の1位に君臨するサバ缶

記事を読む

歌舞伎役者も取り寄せする!?絶品お取り寄せグルメベスト5を三田寛子が紹介!鈴懸の最中・点心・サーモン・すっぽん鍋などの取り寄せ情報【ペコジャニ】

2018年6月18日に放送された『ペコジャニ∞』は一度は食べてみたい絶品お取り寄せグルメ 梨園

記事を読む

【ダイエットビレッジ2017秋】肛筋トレーニングでヤセ効果を2倍にしよう!お尻を引き締めることで痩せやすい体に!?

2017年11月17日放送の『ダイエットヴィレッジ~デブのままでは終われない汗と涙の減量合宿2017

記事を読む

マツコの知らない世界で紹介された甘いブドウ7品種とは!?新品種マスカットジパングの取り寄せ方法とは

2018年9月4日に放送された『マツコの知らない世界』は濃厚で甘い!種ありぶどうの世界でした

記事を読む

【マツコの知らない世界】超高級茶葉4選のお茶とは?祥玉園の玉露・玉碾、古賀製茶本舗・八女茶のお取り寄せは?

2018年1月30日に放送された『マツコの知らない世界』では日本茶の世界 茶師十段位がススメる

記事を読む

【舌トレダイエット】ダイエットの成功率は舌!?リバウンドしない,やせるための味覚を変える方法とは【初耳学】

2018年10月21日に放送された『林先生が驚く初耳学!』ではダイエットの新事実!舌トレーニングダイ

記事を読む

ご飯を豆腐に変えるだけで痩せる?豆腐一丁ダイエットのやり方と効果は?【私、やせたらイケるはず】

2018年3月25日に放送された『ニチファミ!タラレバダイエット 私、やせたらイケるはず!』で豆腐一

記事を読む

ダイエットに効果がある酢とは!?黒酢は飲む時間で痩せる効果がアップ!その時間とは【ソレダメ】

2018年6月13日に放送された『ソレダメ』で紹介されていた酢に関する新事実とは ダイエットに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑