*

七夕の日は雨が多い、その理由は?伝統的七夕の日は7月7日ではない!?

公開日: : 最終更新日:2018/02/01 イベント

七夕と天の川

七夕といえば、普段は天の川に阻まれて逢えない織り姫さまと彦星さまが逢える年に一度の日。そして、笹に飾る短冊に「織り姫様と彦星様が会えますように」と願いを記しつつ、自分のお願いも飾る、そんな七夕祭り。

 

スポンサーリンク

 

普段はあまり気にしない天の川を、七夕の日には夜空を見上げて探す光景も風物詩と言ってもいいのではないでしょうか。

 

そして七夕は昔々、大陸から伝わった考え方と日本の宮中行事が合わさって出来た五節句・五節供のうちのひとつです。

 

五節句・五節句

・人日(じんじつ)  正月7日  《七草・七草の節句・七草の祝い》

・上巳(じょうし)   3月3日  《桃の節句・ひなまつり》

・端午(たんご)    5月5日  《菖蒲の節句・あやめの節句・こどもの日》

・七夕(しちせき)   7月7日  《七夕(たなばた)・七夕祭り》

・重陽(ちょうよう)  9月9日  《菊の節句》

 

ちなみに、節句(せっく)と節供(せっく)どちらが本来の表記かというと、節供の方が従来の字です。

 

何故、7月7日は雨が多いのか

せっかくの七夕の日なのに、今年も雨。笹飾りもぬれるし天の川は見えないし・・・毎年、そんな感じで七夕が過ぎていくような気がします。

何故、七夕の日は雨の日が多いのか・・・それは梅雨だからです!

7月7日は、毎年日本列島は梅雨真っ最中。

気象庁によれば、2017年の梅雨明けは一番早いのが沖縄で6月16日頃。九州地方が7月18日頃で東北北部は7月29日頃が梅雨明けの予想となっています。

日本で天の川を見られる確率が一番高いのは沖縄県ということですね。沖縄県以外の地域は梅雨・・・雨の確率が高いです。

 

本当の七夕は7月7日ではない!?

現在の日本で使用されている”歴”は太陽暦の一つ「グレゴリオ歴」で世界で多くの国が採用している”歴”となります。太陽の動きを元に作られた太陽暦を日本が採用したのが明治6年のこと。

太陽暦を採用する直前まで使っていたのが、月の満ち欠けに季節による太陽の動きを加味した太陰太陽暦の一つ「天保歴」、いわゆる”旧暦”です。

大陸から伝わってきたものと宮中での行事が合わさって七夕となったのが、奈良時代。ということは、七夕の日である7月7日は旧暦での日にちと言うことになります。

 

 

伝統的七夕の日

国立天文台が旧暦での7月7日「伝統的七夕の日」を割り出してます。

割り出し方は太陽の動きを元にした「二十四節気」の処暑(立秋の後ぐらいで、太陽暦では8月頃)を含む日か、それより以前の”新月の日”から7日目が「伝統的七夕の日」。

2017年の場合は8月28日、2018年は8月17日、2019年は8月7日、2020年は8月25日が「伝統的七夕の日」となるようです。

 

まとめ

旧暦は現在の歴の1ヶ月後と見ることが多いのか、7月7日に七夕をするのではなく8月7日に執り行う場合もあると思います。

通常の7月7日ではなく、少し我慢して8月の夜空に広がる天の川を愛でながら七夕を楽しむのも良いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

【THE夜会】ガッキー可愛く変身!ハロウィン人気コスプレランキングとウサ耳で潜入した店は?

2017年10月19日(木)に放送された『櫻井・有吉THE夜会』で新垣結衣さん(ガッキー)とトレンデ

記事を読む

”かぼちゃ”ではなかった!ジャックオランタンの由来とは【ハロウィン】

ハロウィンと言えばJack-o'-lantern[ジャック・オ・ランタン]です Jack of

記事を読む

ホテルからクリスマスの夜景が見たい!ベスト4の特に美しい夜景が見えるホテルは!?【かりそめ天国】

2017年12月20日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』はクリスマスの欲望スペシャル

記事を読む

ハロウィンの発祥地はアイルランド!アメリカへ伝わったのは19世紀だった

日本にも定着したと言っても過言ではない”ハロウィ-ン”イベント。 ハロウィーンの発祥地は・由来

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑